[PR]

 沖縄県の玉城デニー知事が、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設の見直しを求めるため、6日間の日程で訪米した。国防予算を審議中の米連邦議員に会うことを重点に据え、工期が大幅に延びる実態などを伝えられたと総括するが、見直しに直結するかは不透明だ。

 「知事として直接、米議会に無謀な計画…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも