[PR]

 大根おろしの水分は、捨てなくていい

 (角田光代)

     ◇

 短編小説「平凡」から。高校時代の親友、紀美子と春花は今や35歳。紀美子は、料理研究家として活躍する春花の華麗な姿にふれ、「ふ抜けた」自分とどこで道が分かれたのかと思う。が、春花と再会し、彼女もまた見えない不安や昔の恋人へのわだかま…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも