[PR]

 日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)をめぐる一連の事件で、ゴーン前会長の弁護側が公判で予定する主張の全容が、関係者への取材で判明した。東京地検特捜部が日産幹部らと交わした司法取引について違法性を主張。海外でも違法な捜査があったとして、公訴(起訴)の棄却を求める方針だ。来春にも始まるとみら…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも