(患者を生きる:3906)眠る 不安とうつ:3 不調の背後に発達障害

有料会員記事

[PR]

 東京都の看護師の女性(47)は2016年初夏、行政の担当者から電話で厳しく問い詰められたのをきっかけに不眠が悪化した。ほとんど必要としなくなっていた睡眠薬や抗不安薬を再開した。

 なかなか寝付けず、夜中に頻繁に目が覚めた。朝は起きるのがつらく、仕事に遅れがちになった。それを上司に責められ、さらにつ…

この記事は有料会員記事です。残り858文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら