[PR]

 新潟大医歯学総合病院の中田光教授らの研究チームは自己免疫性肺胞たんぱく症の新たな治療法を開発し、米医学誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」に論文を発表した。全身麻酔をして肺を生理食塩水で洗う現在の治療は患者の負担が大きいが、新治療法は薬を吸入するだけで済むという。

 自己免疫性肺…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも