(声)少女像、見て聴いて思い新たに

有料会員記事

[PR]

 契約社員 平野有紀(愛知県 40)

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」会期中の9日、慰安婦を表現した少女像の作者キム・ソギョンさん、キム・ウンソンさん夫妻の講演を聴いてきた。

 夫妻によると、少女像は元慰安婦の鎮魂や世界の平和のために作ったのだそうだ。「少女」の足元からのびる影は、年老い…

この記事は有料会員記事です。残り328文字有料会員になると続きをお読みいただけます。