(23面から続く)

 令和の時代にも続く自然災害。暮らしを壊された人たちは、天皇、皇后両陛下の即位の儀式に向けて、さまざまな思いを口にした。

 台風19号による豪雨で千曲川の堤防が決壊し、大きな被害が出た長野市。儀式の様子を中継するテレビを避難所で眺めていた松沢孝さん(80)は「残念です」とつぶ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも