[PR]

 気性が荒い、などというときの「気性」はかつて、「気象」と書かれたこともあった。1871年に刊行された中村正直訳『西国立志編』では、こんなふうに使われる。「老愈々(いよいよ)進ムト雖(いえ)ドモ、ソノ気象タヾ衰縮(すいしゅく)セザルノミナラズ……」(高島俊男著『漢字雑談』)▼最近の日本の空には、気象…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも