[PR]

 ■「反近代」の見取り図できた

 島尾敏雄、庄野潤三に憧れて九州の大学に進んだ。バブル前夜でポストモダンの嵐が吹き荒れた時代だった。地方の大学でも浅田彰の『構造と力』『逃走論』が売れていた。思想誌を開けば、エクリチュールだのシニフィアンだの、衒学(げんがく)的な言葉が踊っていた。

 福武書店(今の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも