[PR]

 ■官邸主導が完成、官の意欲そぐ

 ――あれから、堕落してね。

 1986年、首相官邸。後藤田正晴官房長官からそう言われ、首席内閣参事官として着任あいさつに赴いた古川貞二郎さん(85)は最初、意味がわからなかった。

 初対面は20年前、旧厚生省から警察庁に出向したとき。後藤田氏は次長だった。あれか…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら