[PR]

 14日に閉幕したあいちトリエンナーレの「表現の不自由展・その後」で、慰安婦問題をモチーフにした「平和の少女像」が注目された。作者は、韓国の民主化運動の中で生まれた「民衆美術」というジャンルの彫刻家だ。朝鮮美術文化研究者で『韓国の民衆美術(ミンジュンアート)』の著者、古川美佳さんに、美術の視点から少…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも