[PR]

 ■沼野充義・東大教授(ロシア東欧文学)寄稿

 二〇一八年のノーベル文学賞は、一年遅れで、ポーランドの女性作家オルガ・トカルチュクに決まった。彼女は菜食主義のフェミニストとして知られる。となるとこの選考結果は、ノーベル委員会を巻き込んだセクハラ・スキャンダルを意識したものとも思えるが、私の見るとこ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも