[PR]

 「情の時代」をテーマに掲げた「あいちトリエンナーレ」の第4回展が閉幕して10日ほどが過ぎた。展示の一部「表現の不自由展・その後」の中止、再開といった動きに揺れた国際芸術祭は、日本の社会や文化の現状をあらわにしたのではないか。第2回展で芸術監督を務めた五十嵐太郎・東北大教授(建築史)と、欧米の事情に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら