(月刊タカラヅカ)「もがいたこと、一番の幸せ」 明日海りお、大劇場に別れ

有料会員記事

[PR]

 「花組でこの人と一緒に立ちたいと思ってもらえるよう、もがいてこられたことが一番の幸せだったと思います」。花組トップスターの明日海(あすみ)りおが9月30日、宝塚大劇場の舞台を去った。「男役にこだわって、愛を持って生きてきた」の思いを込め、最後の大階段下りは黒の燕尾服(えんびふく)姿。ホームグラウン…

この記事は有料会員記事です。残り693文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら