[PR]

 ・ノーベル賞を受賞する吉野彰さんのリチウムイオン電池開発は基礎研究から始まった

 ・近年の日本は基礎研究の力が落ちている。背景には国の競争政策がある

 ・目先の生産性を求めず、基礎研究の「層の厚み」を増す施策が必要だ

 ■起点は純粋な好奇心

 試験管に封入されたその物質は輝いていた。「銀ピカでア…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも