[PR]

 天皇の代替わりに伴う皇室行事「大嘗祭(だいじょうさい)」(11月14、15日)に供えられる麻織物「麁服(あらたえ)」が徳島県内で完成し、27日、宮内庁に向けての出発式があった。

 古代から、天皇家の祭祀(さいし)には、「阿波忌部(いんべ)」と呼ばれる職能集団直系の三木家が納めた麁服が使われたと伝え…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら