(憲法を考える)改憲、日本は遅れているのか 衆院憲法審査会の議員団が「先例」4カ国視察

有料会員記事

[PR]

 ■憲法を考える 視点・論点・注目点

 衆院憲法審査会の与野党議員団は9月、憲法改正を経験したドイツウクライナリトアニアエストニアの4カ国を視察した。議員団への同行取材などから、今後の憲法議論で踏まえるべき点などを考えた。(大久保貴裕、編集委員・国分高史)

 ■戦後63回、日本なら法改正で…

この記事は有料会員記事です。残り3480文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら