[PR]

 「施設で育ったことはマイナスじゃない。いまは自信をもって言えます」

 子どもの権利を守るために、その声を聴き、制度などに反映させる「子どもアドボカシー」を牽引(けんいん)するトップランナー的な存在だ。

 両親が離婚し、1歳で乳児院に預けられた。18歳まで大阪の児童養護施設で育つ。母の記憶はない。小…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも