[PR]

 長崎市の繁華街、新地中華街近く、企業のビルが立ち並ぶ中に木造の洋館が立っている。日本が海外と交わりを断った鎖国時代、数少ない窓口だった出島の跡である。

 オランダ船が入港する度「風説書」という情報文書が作られ幕府に渡された。欧米やアジアの情勢を知る重要な手段だった。

 幕末、米ペリー艦隊の来航も予…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも