(ひと)馬見塚健一さん ごみ拾いをスポーツに変えた

有料記事

[PR]

 決められたエリアをチームで歩き回り、60分間に拾ったごみの量を競う。そんな「スポGOMI(ごみ)」を主催して11年になる。

 大会は東京・お台場や神奈川・江の島など各地で883回開き、約8万9千人が参加した。集まったごみの量は71トンにのぼる。「今ではごみがいとおしい」という。

 鹿児島県出身。3…

この記事は有料記事です。残り444文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。