[PR]

 まず東京五輪・パラリンピックについて批判的に検討する論考を2題。

 山本敦久「オリンピックからスポーツを取り戻そう」(週刊金曜日10月11日号)は五輪は国や競争へと「身体を隷従」させるものだと指摘。前回東京五輪で「根性論が、同時代の『モーレツ社員』的な労働規範に転用」されたように、今回は「『科学的…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも