[PR]

 財務省は30日、全国財務局長会議で7月末~10月下旬の経済情勢報告をとりまとめた。全国の情勢は、個人消費や雇用が比較的堅調だったことなどから、「回復している」との判断を据え置いた。ただ地域別では、生産活動が減速しているとの判断や、米中貿易摩擦や消費増税を受けた先行きへの懸念の指摘が相次いだ。

 地…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも