■どこかで彼女に恋していた 脚本家・倉本聰さん

 本当にきれいでした、最後まで。3日置きくらいに電話して、「どうですか、大丈夫?」と聞いていました。あの日の朝、「今朝亡くなりました」と聞いて、すぐ富良野から東京まですっ飛んでいった。ヤチ(八千草)さんは、「死に顔を見せないで」と言っていたらしいんだ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも