[PR]

 今年7月の参院選での「一票の格差」をめぐる訴訟の判決が30日、東京高裁(八木一洋裁判長)と福岡高裁宮崎支部(高橋文清裁判長)であり、いずれも「著しい不平等状態とは言えない」として「合憲」と判断、選挙無効の請求を棄却した。原告側は上告する方針。

 7月の参院選の最大格差は、議員1人あたりの有権者数が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも