[PR]

台風19号の大雨により堤防が決壊した長野市の千曲川(ちくまがわ)で、鋼板を打ち込んで強化した仮堤防が完成した。約70メートルにわたる決壊部分は盛り土などをして埋められた。それを囲むように、川側に約320メートルにわたって鋼板が二重に打ち込まれ、砕石を流し込んだ。これにより、市が出していた周辺地域への…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも