「女の一生」、戦時のプロパガンダ色を検証 1945年の初演版上演

有料記事

[PR]

 杉村春子の代表作で知られる舞台「女の一生」は、終戦間際に書かれた初稿ではかなり趣の異なる作品だった。この1945年の初演版を、実験的な演劇を見せるユニット、ドナルカ・パッカーンが上演する。

 演出の川口典成によると、森本薫が最初に書いた「女の一生」は主人公けいの義弟が中国人と結婚し、間に生まれた子…

この記事は有料記事です。残り166文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません