[PR]

 ■憎むべき母を思う少年期の追憶

 きわめて高い評価を得た『イギリス人の患者』を含め、丁寧に作品を送り出し続けるマイケル・オンダーチェの最新作が訳出された。

 今回の語り手は少年時代の自分を思い出す男性だが、いきなり冒頭が「一九四五年、うちの両親は、犯罪者かもしれない男ふたりの手に僕らをゆだねて姿を…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも