[PR]

 日本最古の医薬書の新たな現代語訳が進み、伝統医学「和方」の膨大な処方が、再現可能になろうとしている。万葉集で知られる大伴家持が伝えた処方も含まれ、歌人も癒やした雅(みやび)な「処方箋(せん)」を現代によみがえらせる試みだ。

 この医薬書は平安時代に桓武天皇(737~806)が作らせた「大同類聚方…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも