(大志 藤井聡太のいる時代)番外編:1 くじ運嘆いた佐々木、故郷の対馬に届いた勝利

有料記事

[PR]

 「1次予選から勝ち上がったのに……」

 今春、第67期王座戦の挑戦者決定トーナメントの組み合わせを見た佐々木大地五段(24)は、くじ運の悪さを嘆いた。1回戦の相手が藤井聡太七段(17)だったからだ。しかし、その後、考えを改めた。

 「せっかく指せるのだから、楽しんで指そう」

 6月3日。目まぐるし…

この記事は有料記事です。残り646文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント