[PR]

 86歳で父が亡くなり4年余りになる。父の生きがいは、農作業と、今では珍しいチンドン屋だった。父が定年退職するころだっただろうか、一座がつくられ父は座長となった。

 葬儀の時は、一座のみなさんがチンドン衣装と化粧、演奏で盛り上げ、葬儀屋さんは「こんな式は見たことがない」と目を丸くしていた。そりゃそう…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも