[PR]

 嘉納治五郎の発案による明治神宮外苑競技場は1924年10月、日本初の大規模スタジアムとして完成するが、工事が中断した時期がある。前年9月に関東大震災が発生したからだ。

 建設中の建物は避難所として開放された。樺太に出張中の治五郎はすぐに帰京した。同年の雑誌「柔道」では「禍(わざわい)を転じて福とせ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも