[PR]

 (兵庫・ABCGC 7200ヤード=パー72)=朝日新聞社など後援

 第3ラウンドがあり、スコアを八つ伸ばした今平周吾が通算15アンダーで単独首位に立った。2位には1打差で黄重坤(韓)が、さらに1打差で、最少ストロークの大会タイ記録の62で回った小平智が3位。

こんなニュースも