[PR]

 札幌・大倉山ジャンプ競技場(HS137メートル)であり、男子は小林潤志郎(雪印メグミルク)が136メートル、133・5メートルを飛び、合計274・3点で優勝を飾った。弟で昨季、日本男子初のワールドカップ総合優勝を果たした小林陵侑(土屋ホーム)は2・8点差の2位だった。

 女子は伊藤有希(土屋ホーム…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも