教師の魅力、映像で届ける 東京学芸大、2人の一日描く 教職離れに危機感、クラウドファンディング

有料会員記事

[PR]

 教職の志願者が減るなか、東京学芸大学クラウドファンディングで資金を集め、教員の魅力を発信する映像を制作した。定年を迎える教師と、新採用の教員の一日を追う内容だ。「ブラックのイメージを越える教師像を届けたい」と松田恵示副学長は話す。

 今年雇用された公立小中学校教員向けの採用試験の受験者は、朝日…

この記事は有料会員記事です。残り674文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら