[PR]

 3日に開催された第51回全日本大学駅伝対校選手権大会で、東海大が5時間13分15秒で16年ぶり2度目の優勝を果たした。東海大は5区でトップに躍り出ると、7区で青学大に一度は抜かれたが、最終8区で再び先頭に立って、逃げ切った。▼1面参照

 連覇を目指した青学大は終盤の追い上げも実らず、1分44秒差の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも