[PR]

 ■経済 安田洋祐(大阪大学准教授) 社会実験で政策評価、活用増す

 今年のノーベル経済学賞は、実証的手法で貧困問題の改善策に貢献した米国の研究者3人に決まった。無作為に複数のグループに分け、異なる政策の効果を検証する「ランダム化比較試験(RCT)」の手法を、途上国の貧困緩和策の効果を測るために活用…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

本日に限り、無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。(18時まで) ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

本日に限り、無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。(18時まで) ※一部記事を除く

こんなニュースも