ユニバーサルリレー、パラの魅力凝縮 障害異なる男女4人、戦略も重要

有料記事

[PR]

 2020年東京パラリンピック代表選考を兼ねたパラ陸上の世界選手権が7日、アラブ首長国連邦・ドバイで開幕する。注目は東京大会から採用される新種目で、日本がトップを目指す「ユニバーサルリレー(UR)」。障害の異なる男女4人がつなぐ多様性にあふれたレースは、パラの魅力が詰まっている。

 URは「視覚障…

この記事は有料記事です。残り896文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント