[PR]

 今年のノーベル文学賞の受賞者はペーター・ハントケ、と発表された。同時にこの授賞に反発する声が外電で伝えられた。

 それを要約して、例えば週刊文春は「選考委員は文学の鑑賞には長(た)けていても、生身の人心を読むのは不得手ということか」と言う。

 ああ、あなたはまったく何もわかっていない。

 これはノ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも