[PR]

 河野太郎防衛相は5日の会見で、北朝鮮が10月31日に日本海に向けて発射した飛翔(ひしょう)体の分析結果を発表した。3分間隔で2発発射され、8月24日と9月10日に発射されたものと同系統の固体燃料推進方式の短距離弾道ミサイルだという。

 発射まで時間のかかる液体燃料ではなく、固体燃料を使えば短時間で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも