[PR]

 6日の衆院予算委員会集中審議では、英語民間試験の延期問題に加えて、内閣改造から1カ月半で閣僚が相次いで辞任した問題で、首相の任命責任について与野党が論戦を交わした。▼1面参照

 ■「身の丈発言」辞任は 無所属・今井氏/私の責任で作り直す 萩生田・文科相

 ――2020年度からの活用が見送られた英…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも