合併した町村、加速する過疎 日弁連、旧町村と隣接自治体比較

有料記事

[PR]

 合併した町村は、人口減少率が高い傾向にある――そんな調査結果を日本弁護士連合会が6日、東京都内で開いた平成の大合併を検証するシンポジウムで公表した。合併を選ばなかった人口4千人未満の町村と、それらに隣接し、人口規模などが似る合併した旧町村の47組を比べたところ、43組で合併旧町村の人口減少率が高か…

この記事は有料記事です。残り1167文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!