(#政界ファイル)自民PT、産休議員の遠隔投票を再び模索

有料記事

[PR]

 自民党の党・政治制度改革実行本部(野田聖子本部長)は6日、衆院改革の新プロジェクトチーム(PT)を設置した。通常国会では見送られた産休中の女性議員の「インターネット遠隔投票」の実現を再びめざす。PT座長には、浜田靖一・元防衛相が就いた。遠隔投票については、憲法56条が定める採決時の「出席」の解釈を…

この記事は有料記事です。残り14文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。