憎悪と許し、自問自答しながら 南果歩、戯曲「あの出来事」に挑む

有料会員記事

[PR]

 自らに銃口を向けた者を許すことができるか――。犯人と被害者、2人の内的な対話を通じ、深刻な問いを投げかけるデイヴィッド・グレッグの戯曲「あの出来事」が上演される。生き残った女性を演じる南果歩は「傷ついた心が回復しようとする様を表したい」。

 2011年7月22日、極右思想の男がノルウェーのウトヤ…

この記事は有料会員記事です。残り612文字有料会員になると続きをお読みいただけます。