[PR]

 昼「髪結新三」は初夏の風物詩として名高い。新三(菊五郎)は朝湯から深川の長屋に戻って、ホトトギスの声を聞き、初鰹(はつがつお)の刺身で朝酒を飲む。一方押し入れの中では、前夜新三にかどわかされた白子屋の娘お熊(梅枝)が、黄八丈の振り袖をあられもなく縛られて泣いている。

 彼はどういう性格なのか。人間…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも