(声)日韓関係改善、悲観的でない

有料記事

[PR]

 主婦 韓秀子(大阪府 63)

 日韓の関わりを考えるインタビューシリーズ「隣人」(10月11日)。第1回は「日韓 属性で分けず共感探ろう」と題し、小説家の平野啓一郎氏でした。嫌韓をあおるメディアに「腹が立つ」「傷つきました」という発言に思わず胸が熱くなりました。

 そして在日韓国人としての自分をあ…

この記事は有料記事です。残り341文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。