石綿巡り賠償命令、「一人親方」も対象 福岡高裁

有料記事

[PR]

 建設資材のアスベスト(石綿)で健康被害を受けたとして、九州4県の元建設作業従事者ら54人が国や建材メーカー12社に計約10億8千万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が11日、福岡高裁であった。山之内紀行裁判長は、国の責任だけを認めた一審・福岡地裁判決を変更。個人事業主の「一人親方」も賠償の対象に…

この記事は有料記事です。残り434文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント