ソフトバンクG赤字転落、読み解く 会計評論家・細野祐二氏

有料会員記事

[PR]

 ソフトバンクグループ(SBG)が今月発表した2019年9月中間決算は、155億円の営業損失(赤字)となった。19年3月期には2・3兆円という巨額の営業利益を計上していたのに、短期間で赤字に転落した背景に何があったのか。会計評論家の細野祐二氏に聞いた。細野氏はAI(人工知能)を活用して上場企業の財務…

この記事は有料会員記事です。残り1406文字有料会員になると続きをお読みいただけます。