[PR]

 明治になって、ヨーロッパ人の宣教師が長崎を中心に宣教活動をすると、それまで知られていなかった信者があらわれ、劇的な出会いをする。政府の禁教令が解かれ、キリスト教が正式に認められるようになった。キリスト教にもどった人もいたが、もどらなかった人もいて、それが「隠れキリシタン」と呼ばれるようになった。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも