[PR]

 世界の大半の選手が欧州2社製の義足を使っている中、アラブ首長国連邦のドバイで開かれているパラ陸上の世界選手権では、日本産義足で戦っている選手がいる。日本の技術を結集したメーカーとともに、2020年東京パラリンピックでの躍進を目指している。

 11日の男子走り高跳び(下肢障害)に、鈴木徹は新しい義…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも