[PR]

 (福岡国際センター)

 先場所優勝の御嶽海が2連敗で黒星が先行し、場所後の大関昇進の可能性は消えた。白鵬は1敗を守ったが、貴景勝は2敗目、カド番の高安は3敗目を喫した。全勝の若隆景が休場し、平幕の正代も敗れたため、2001年秋場所以来18年ぶりに5日目で勝ちっ放しがいなくなった。

 ■(東西ト…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも